2009年、CCJ出身クラウンたちが集結して披露した、ザ・クラウンショーと呼ぶにふさわしいショーとは?

12:凱旋期編

 2002年からもっぱらのソロ活動に合わせて、まこっちゃんは衣裳を全面的に新調しました。基本デザインは変わらないけれど、帽子とズボンの色や柄を見直し、また、上着の緑と青を入れ替えて、これが現在まで続いている衣装デザインです。

 神社のお祭り、幼稚園や福祉施設、子供会などさまざまな地方、さまざまな場所で単発のステージをこなす数年を送りましたが、ソロ活動が続いたおかげで、ビジュアル的な決定も含めてまこっちゃんのクラウンのパフォーマンススタイルはこの時期に様式化してきました。

 2009年はクラウンカレッジ・ジャパン創立20周年記念の年。残念ながらクラウンカレッジ・ジャパンはもうなくなって久しいのですが、この年、画期的なことがありました。それは4月18日、横浜at!での『クラウンカレッジ・ジャパン20周年記念クラウンパーティ』の開催で、クラウンカレッジ・ジャパン出身のクラウンが30人一堂に会して1回限りのショーを行ったことです。ただ、クラウン30人出演といってもクラウンカレッジ・ジャパン出身者はその倍以上いるので、当日出られなかった人、敢えて出なかった人、音信不通になってしまった人もいます。3期生の参加も9人だけで、ちょっと寂しい気もしたのですが、すでにクラウンを辞めて別の道に進んだ人、芸人さんなどもこの時だけはクラウンで登場しました。ダメじゃん小出、ハンガーマン、三雲いおり、ななな、川原彰、奥田優子など、今では大道芸で名前を馳せている人達もこの夜だけはクラウンで復活していました。また、クラウンカレッジ・ジャパン卒業者ではないものの、マリンメディア時代にぼくらクラウンとともに一緒に汗を流してショーを作っていた鹿島くん(現・チムチム・サービス、「5:研鑽期(3)病院編」を参照)もクラウン・カッシーとして参加しました。

 クラウンカレッジ・ジャパン以前、日本ではクラウンという職業はあり得ませんでした。もちろんクラウンをやっているパフォーマーはいたし、サーカスにはピエロもいたのだけれど、職業の選択としてクラウンがある、という分野を果敢に開拓したのはここにいるこのメンバーたちなのです。

 この『クラウンカレッジ・ジャパン20周年記念クラウンパーティ』はおりしも横浜開港150周年に行われたということもあり、事前告知なしのゲリラ開催だったにもかかわらず大勢の観客が集まりました。とても贅沢な、一日だけの夢の時間。まこっちゃんもソロの仕事ばかりになってしまったようなご時世に、ペアやグループどころかクラウンが30人の大集団でショーをするのを見る機会はまずありません。それだけでもかなりのインパクトになったはずだし、そこにいるだけでも圧倒的なクラウンの存在感を見せつけることができたショーだったのではないでしょうか。

 クラウンパーティが開催された同じ日、横浜の赤レンガでは『ラ・マシーン』のパフォーマンスがあり、そちらが話題をさらっていました。にもかかわらず、突然出現したクラウン大集団にあっというまに人が集まり、クイーンズサークルは上の階の手摺まで、まさに鈴なりの観衆でした。機械の巨大蜘蛛なんかには負けません!とばかりにクラウンばっかりのショーは大盛り上がりを見せていました。こちらは公式な告知もしてなかったので、もしかしたらお客様の中にはなんでやってるのかわからず、Y150の企画だと思ってる人もいたかもしれません。

 そして花火がパッと散るごとく、ショーが終わるのも美学ですね。

 1968年米フロリダ州ベニス創立されたクラウンカレッジももうありません。クラウンカレッジ20周年の記念事業で華々しく日本に開設されたクラウンカレッジ・ジャパンも時代の波に飲まれて消えてゆきました。本家の地上最大のショーと言われたリングリングブラザーズ・アンド・バーナム&ベイリー・サーカスも、残念ながら2017年5月21日、ニューヨークのナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムで行われた公演を最後に解散してしまいました。

 それでも、映画『グレイテスト・ショーマン』のエンドロールで掲げられていた、創設者P.T.バーナムの言葉は不滅です。

「真に崇高な芸術とは、人々を幸せにするものだ」

 クラウンカレッジ・ジャパンそのものはもうないにもかかわらず30人のクラウンたちが見せた20周年記念夢のクラウン・ショー! さて、2019年に迎えた30周年も何かやるのでしょうか?

 そしてここから始まったまこっちゃんの新たに切り拓く道とは?

Next↓↓

One thought on “12:凱旋期編

  1.  リングリングブラザーズ・アンド・バーナム&ベイリー・サーカスのテイストを受け継いだクラウンたちが集結した圧倒的なショータイム。その中のひとりでもあったまこっちゃんのクラウン・ショーを、あなたのために出張公演いたしますので、ぜひご依頼ください。
    ↓↓
    https://clownmakoccyan.com/contact/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です